ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

夏越の祓(なごしのはらえ)に行こう!

こちらは2017年6月24日に掲載した記事を加筆修正したものです

 

夏越の祓は6月末に神社で行われる神事です

 

西暦ではなく旧暦を基準にしている神社では

7月の月末~8月頭頃

夏越の祓(なごしのはらえ)を行います。

 

6月末に最寄りの神社でやってなかったという方は

今日あたり神社に立ち寄ってみてください。

 

茅の輪があるかもしれません。

 

 

f:id:kudop:20170624102858j:plain

 

この時期神社に行くと

こういう輪を見ることがあります。

 

これは

茅の輪(ちのわ)と言います。

 

 

6月末から旧暦の6月末(7月末)あたりに

神社の境内で見かけることがあります。

 

 

これを見かけたらラッキー!

 

 

厄払いと健康祈願が出来ちゃいます♡

 

 

 

夏越の祓(なごしのはらえ)

 

 

この輪は

夏越の祓(なごしのはらえ)という

年中行事の為に設置されます。

 

 

夏越の祓については

 

www.i-nekko.jp

 

こちらがわかりやすいです。

 

1月からの半年間のケガレを落として

残りの半年の

健康と厄除けを祈願する行事です。

 

 

茅の輪くぐり

 

この輪をくぐって

ケガレを落として厄除け祈願します。

 

やり方はこんな感じ。

 

ただ通ればいいのではなくて

∞の字を書くように

何度か輪をくぐります。

 

f:id:kudop:20170624104038j:plain

 

 


「1分でわかる茅の輪くぐりの作法」 2011 夏越の祓 大祓 高画質 Full-HD 1080p

 

 

この輪のそばに

やり方が書いてあったりするので

それを参考にしながら

 

見かけたらぜひ厄除けしてみてくださいね。

 

 

 

茅の輪くぐりで気を付けること

 

この茅の輪の「茅」を

持って帰ったりしないでくださいね。

 

半年間のケガレが

この茅にはくっついています。

 

持って帰ると

ケガレを祓ったつもりが

ケガレ満載になっちゃいますからね。

 

 

他にも夏の祓の方法があります

 

水無月を食べる 

京の水無月 2個

京の水無月 2個

 

 

人形(ひとがた)を流す

 

紙でできた人形を

神社で燃やしたり川に流したりします。

 

これは自分の住んでいるところの

氏神様(鎮守様)で行います。

 

我が家には時期になると

人形(ひとがた)の紙がポストインされます。

 

 

 

色々な方法で

昔の人はケガレを祓っていました。

 

機会があればぜひ、

ケガレを祓う神事を

体験してみてくださいね。