ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

塩椎神(しおつちのかみ)のざんねん解説

塩椎神(しおつちのかみ)

 

古事記:塩椎神

日本書紀塩土老翁、塩筒老翁

 

 

f:id:kudop:20170721165643j:plain

 

航海のかみさま

 

シホツチ=潮つ霊潮つ路であり、

潮流を司る神、航海の神と解釈する説もあります。

 

文字通り

製塩の神でもあります。

 

 

導くかみさま

 

山幸彦(ホオリノミコト)を導く

 

山幸彦と海幸彦の話を聞いたことはありますか?

浦島太郎のもとの話になっている神話です。

 

kojiki.co

 

こちらとても分かりやすくて

本にもなっているのでオススメです。

 

 

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

 

 

 

海幸彦に借りた釣り針を無くした山幸彦。

 

困った山幸彦に策を授けたのが

シオツチノカミ。

 

釣り針を探しに、

海の神、ワダツミに会いに行きます。

 

そしてワダツミの娘の

トヨタマヒメと結婚します。

 

紆余曲折を経て産まれた子が

神武天皇の父です。

 

 

 

神武天皇を導く

 

神武天皇が神武東征を決めたのは

このシオツチノカミが

「東に美しい国がある」と言ったからと

日本書紀」に記述があります。

 

古事記ではシオツチノカミは関与せず

 

 

総本宮はここです

 

www.shiogamajinja.jp

 

古事記日本書紀のエピソードとしては

そのくらいしか無くて

 

いつうまれたのか

天津神なのか、国津神なのか

(天の神様なのか、もともと人間世界にいた神様なのか)

それさえもわからない神様です。

 

 

シオツチノカミを祀る

鹽竈(しおがま)神社は宮城県塩釜市にあります。

 

神社の社伝では

人々に製塩法を教えたとされています。

塩釜の地名の起こりともなっております。

 

鹽竈神社の御由緒|神社について|鹽竈神社

 

 

もう書けるエピソードがありません。

ざんねん・・・。