ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

同じ名前の神社がたくさんあるのはなぜ?

我が家の氏神様は熊野神社です。

 

熊野神社という名前の神社は

全国に数千あります。

 

3078社または2442社と総数に相違はあるものの、熊野神社は、八幡神社神明神社・稲荷神社と並んで全国的な分布を示していることが確認されている

 

熊野神社 - Wikipedia

 

f:id:kudop:20170715170659j:plain

 

同じ名前の神社が

全国各地にあるのはなぜでしょう?

 

 

 

神様は無限に分けられる

 

熊野神社以外にも

八幡神社、稲荷神社など

全国各地に同じ名前の神社があります。

 

大元の神社の神様から

分霊(ぶんれい・わけみたま)をして

他の神社に移すことを

勧請(かんじょう)と言います。

 

神道では神様は無限に分けることが出来

なおかつ分けた後も

大元の力が衰えることなく

新しい方も元のものと全く同じ働きをします。

 

 

熊野神社の場合

総本山は熊野三山

 

八幡神社の場合

総本社は宇佐神宮

 

稲荷神社の場合

総本社は伏見稲荷大社

 

 

 

 

けれど総本社まで行かなくても

全く同じ神様が

小さな神社にもいらっしゃるのです。

 

 

なんだか不思議な話ですが

全国各地に同じ名前の神社があるのは

 

分霊し、勧請したからなのです。