ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

建御名方神(たけみなかたのかみ)のざんねん解説2

 

zannennaikimono.hatenablog.com

 

今日もまた一度解説した神様。

 

 

建御名方神(たけみなかたのかみ)

 

古事記建御名方神

日本書紀:登場せず

 

f:id:kudop:20170630101508j:plain

 

相撲の起源の神様で

諏訪大社に祀られています。

 

 

相撲の起源については

 

zannennaikimono.hatenablog.com

 

こちらのざんねん解説を

参考にしてくださいませ。

 

 

諏訪の国は神在月

 

神無月には

神様たちは出雲大社に集まります。

 

でもタケミナカタは行きません。

 

諏訪大社にいます。

 

 

何故かというと

 

 

「体がデカすぎて移動が大変だから」

 

 

という理由で

来なくてもいいよ~と言われているからとか。

 

 

他の神に気遣われたって記載があります。

 

 

唯一タケミナカタだけが

神無月に出雲大社に集合しなくても

良い神様ということになっています。

 

 

 

どんだけでかいんだ。

タケミナカタ

 

 

身体が大きいというと


グリーンジャイアント

 

これを思い出すのは

アラフォーゆえでしょうか。

 

 

 

動くの大変なくらい大きいのに

タケミカヅチには

あっという間に負け(以下自粛)

 

 

 

負けたけれど軍神です

 

平安時代に書かれた

梁塵秘抄』によると

「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」

と謡われています。

 

かなり古くから

軍神として有名だったようです。

 

 

また、風の神でもあり

元寇の時に神風を起こしたという

伝承もあります。

 

 

風を起こしたというと

シナツヒコと話がかぶりますね。

 

 

zannennaikimono.hatenablog.com

 

 

ざんねん・・・。