ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

速秋津日子神(はやあきつひこのかみ) 速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)のざんねん解説

速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)・速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)

 

古事記:速秋津比古神・速秋津比売神、水戸神

日本書紀:速秋津日命

 

f:id:kudop:20170630101434j:plain

 

神産みで生まれた神様

 

イザナギイザナミの神産みにより

産まれた男女一対の神様です。

 

日本書紀では「水門の神様」とされています。

 

 

みとじゃないよ、みなとだよ

 

古事記では

水戸神という別名で呼ばれます。

 

これは

葵の御紋を出す水戸のご老公の

水戸ではなく

 

みなとのかみ

 

と、読みます。

 

 

みなと=港であり

 

古代の港は河口に作られたので

河口の神様でもあります。

 

 

本人たちの活躍あまりありません

 

国譲りの時に

譲ってくれたオオクニヌシの為に

大きな宮殿を作ります(出雲大社

 

その宮殿の料理人が

この二柱の孫の

櫛八玉神(くしやたまのかみ)です。

 

 

そのくらいしか

エピソード無いんだ。

この神様たち。

 

 

ざんねん・・・。