ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

月読命(つくよみのみこと)のざんねん解説

月読命(つくよみのみこと)

 

古事記:月讀命

日本書紀:月神、月弓尊、月夜見尊月讀尊

 

f:id:kudop:20170625153304j:plain

 

写真は女性っぽいですが

一般的には男の神様と言われています。

 

が、古事記日本書紀

性別の記述はありません。

 

 

三貴神の一柱

 

 

 おとーちゃんの

zannennaikimono.hatenablog.com

 

イザナギが死んだ奥様イザナミ

黄泉に会いに行き

逃げ帰ってきて

 

黄泉の穢れを落とすのに

顔を洗いました。

 

禊(みそぎ)ですね。

 

 

左目→アマテラス

右目→ツクヨミ

鼻→スサノオ

 

 

禊から生まれた神様

 

 

それが三貴神

 

 

今日はその中の

右目ツクヨミの話です。

 

影が薄い真ん中っ子

 

 

アマテラスといえば

日本神話のスーパースターですよ。

 

天を治める神様です。

ちょーえらい。

 

 

スサノオといえば

破天荒で無邪気で、それでいて英雄で。

 

アマテラスとは別の意味で

スーパースター!

 

 

 

で、ツクヨミ

 

古事記ではこんな感じ。

 

上巻では、月讀命は伊邪那伎命の右目を洗った際に生み成され、天照大神須佐之男とともに「三柱の貴き子」と呼ばれる。

月讀命は、伊耶那伎命から「夜の食国を知らせ」と命ぜられるが、これ以降の活躍は一切ない。

 

ツクヨミ - Wikipedia

 

日本書紀では

 

日本書紀・神代紀の第五段では、本文で「日の光に次ぐ輝きを放つ月の神を生み、天に送って日とならんで支配すべき存在とした」と簡潔に記されているのみである。


書紀・第五段第十一の一書では、天照大神から保食神(うけもち)と対面するよう命令を受けた月夜見尊が降って保食神のもとに赴く。

そこで保食神は饗応として口から飯を出したので、月夜見尊は「けがらわしい」と怒り、保食神を剣で刺し殺してしまう。

保食神の死体からは牛馬や蚕、稲などが生れ、これが穀物の起源となった。

天照大神月夜見尊の凶行を知って「汝悪しき神なり」と怒り、それ以来、日と月とは一日一夜隔て離れて住むようになったという。

これは「日月分離」の神話、ひいては昼と夜の起源である。

 

一方、古事記では同じ展開で食物の神(大気都比売神・おほげつひめ)が刺されるが、それをやるのは須佐之男命である(日本神話における食物起源神話も参照)。

 

ツクヨミ - Wikipedia

 

日本書紀では

ウケモチを殺したエピソードもありますが

これは古事記では

スサノオのエピソードとされています。

 

 

それ以外は

ツクヨミって神様がうまれたよ!程度の

説明しかありません。

 

 

三貴神なのに

めっちゃ影薄いんですわ!!!

 

 

 

ざんねん・・・。

 

 

 

関連する神様

 

 

zannennaikimono.hatenablog.com