ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

大屋毘古神(おおやびこのかみ)のざんねん解説

今日紹介するのは

大屋毘古神(おおやびこのかみ)

 

どっちがホンモノのオオヤビコ??

 

 

大屋毘古神(おおやびこのかみ)

 

古事記大屋毘古神

日本書紀五十猛神(いそたける・いたける)


f:id:kudop:20170529094318j:image

 

全然名前が違うんですが同じ神様です

 

オオヤビコ

古事記では神産みで生まれた神様

オオヤツヒメ(家の神様)と

対の神様って言われています。

 

 

オオクニヌシ

兄たちにフルボッコされて

殺されかけたときに

かくまってあげたりしてます。

 

 

日本書紀では

スサノオの子とされていて

林業の神様となっています。

 

 

木の国=紀の国は

もともと林業が盛んで

そこで祀られていたから。

 

あとは偽書とされている

先代旧事本紀』に注意書きとして

イソタケルオオヤビコ

同じという記述があったりするので

 

同一の神だとされています。

 

 

 

偽書なのに、信じちゃうの??と

ツッコミ入れたいんですが

 

先代旧事本紀』は

蘇我馬子聖徳太子が著したとされる

日本神道の神典です。

 

 

偽書扱いしたのは

江戸時代の国学者です。

 

 

真偽は全くわかりません。

 

 

 

 

日本が木々に覆われているのは

 

この神様が

日本中に木を植えたからとされています。

 

天から降りてくる時に

スサノオが追放されたとき)

多くの樹木の種を持って降りてきて

日本中に植えたそうです。

 

 

島根県大田市に五十猛という地名があり

 

ここにスサノオイソタケル

天から降りてきた時に

ここに上陸し

出雲へと向かったとされています。

 

 

オオヤビコとしてではなく

イソタケルとして

その名が出雲の伝説に残っています