ざんねんな かみさま八百万辞典

日本の神様カードを用いて、ざんねんな神様解説&神様からのメッセージ

石長比売(いわながひめ)のざんねん解説

イワナガヒメ

 

妹は絶世の美女

コノハナサクヤヒメ。

 

じゃあお姉さんも

絶世の??

 

 

イワナガヒメ

 

古事記:石長比売

日本書紀:磐長姫

 

f:id:kudop:20170523195545j:plain

 

 

妹は絶世の美女なのに

 

天孫降臨で神様の国から降りてきた

アマテラスの孫のニニギ。

 

絶世の美女のコノハナサクヤヒメに

一目ぼれ!!

 

超スピード求婚!

 

 

コノハナサクヤヒメのお父ちゃん

あっさりOK!

 

娘をニニギに送り出す。

 

 

 

「コノハヤサクヤちゃん、超かわいい~」

 

ご満悦のニニギ。

 

 

「で。そこのブス誰? お前イラね!帰れ!」

 

 

ブス呼ばわりされて

帰されたのがイワナガヒメ

 

 

醜い女はいらん!!!

 

って、神様も面食いなのね。

 

 

イワナガヒメをニニギに送った理由

 

イワナガヒメをお嫁さんにすると

岩のように長く繁栄する。

そんな意味があったんですね。

 

 

でもあっさりブスはいらん!と

帰したニニギ。

 

 

ゆえに

花(コノハナサクヤヒメ)のように

美しい花を咲かせるけれど

 

短命になってしまう。

 

だから神様の末裔である天皇家

寿命が短くなった。

 

そんなエピソードが書かれています。

 

 

そこで話は終わらない・・・

 

ブス呼ばわりされ

帰されて

 

それであっさり

イワナガヒメが引き下がるとでも??

 

日本書紀には面白い続きの話があります。

 

 

実はニニギ(天皇家)が

神様なのに短命になったのは

 

イワナガヒメの呪い

 

だというのです。

 

 

しかも妹の

コノハナサクヤヒメが妊娠中に呪った

という

 

恐怖エピソード。

 

 

さらに呪いは続く

 

コノハナサクヤヒメといえば

富士山の神様です。

 

イワナガヒメを祀った神社は少なく

富士山と対比するように

静岡の雲見浅間神社と大室山浅間神社

祀られています。

 

 

イワナガヒメの化身である大室山に登って

コノハナサクヤビメの化身である

富士山を褒めると、

怪我をするとか不漁になる。

 

 

どんだけ執念深い

怒っていたのか

よくわかるエピソードです。

 

 

大室山に行くときは

決して富士山を褒めちゃダメですよ。